料理が面倒な人必見!|おススメは、調理済みで届けてくれる食事宅配サービス!

おススメサービス紹介

料理が好きな人は、それが趣味の一貫になっているので苦ではないと思いますが、しかし中には料理が本当に億劫な人もいますよね。

そんな料理が面倒な人必見の「料理をしなくても済む手段」をご紹介します。

この記事では、こんなことが書いてあります。
  • 料理をしなくても済む方法
  • おススメのサービスは?
  • 食事宅配サービスとは?
こんな方におすすめの記事です。
  • 料理をするの時間がない人
  • 料理が面倒な人
  • 食事を作るのが面倒だけど健康的な食事をしたい人
  • そもそも料理が苦手で自信のない人

料理をしなくても済む手段

コロナ禍で巣ごもり需要が高まっている現在、おうち時間で役立つサービスが沢山増えてます。

飲食関係でも中食産業が増え、

  • テイクアウト
  • デリバリーサービス
  • 食事宅配サービス

と言ったサービスが拡大しています。

テイクアウトやデリバリーサービスは、高い

おうちでお店の料理を楽しめる上に美味しいので便利ではありますが、
飲食店の価格にデリバリー代や容器代も上乗せされるので料金は高めです。

時々、奮発してお店の料理を頼むのは良いと思いますが、
毎日や高頻度の注文となると経済的にかなりの負担になります。

ウーバーでは、吉野家の牛丼が570円?!

大盛にすると店内では、680円のところが1,020円まで上がります。

店内価格に配達料が上乗せさせるのでこの価格になります。 実際、配達料もエリアによって異なるので一概には言えないところです。

【おススメ!】食事宅配サービスとは?

食事宅配サービスとは、冷凍・冷蔵で調理要らずの食事を宅配してくれるサービスのことです。

なかには、食材とレシピを配達して考えずに調理できるサービスもあれば、出来上がりの食事を配達をしてレンジでチンするだけお弁当を配達してくれるサービスもあります。

料金も様々ですが、自炊とするのとそこまで変わらない価格、人によってはそれ以下まで下がる可能性もあります。 自身の食費と比較して考えて頂ければと思います。

今回は、「食事を作るのが面倒な人必見の記事」なのでお弁当を定期宅配してくれるサービスをご紹介します。

選ぶポイント

サービス料金

食事宅配サービスに加入することで、これまで食費に掛けていた食材費がなくなります。

毎月かかっていた食費・食材費と今後の食事宅配サービスの料金を計算して「比較」する必要があります。

食事宅配サービスは、入会費・送料・食事基本料の3つが掛かります。
食事基本料と送料は、回数や定期加入によって大きく変動する場合があります。

食材の選択(アレルギー対策)

多くの人に利用してもらえるように、現在で多くのサービスで「食材の選択」ができるようになっております。

しかし、アレルギー食材に関しては、対応していないサービスとしているサービスが存在するのでアレルギーの特定サービスを抜いた調理をしてくれるかどうかを下調べする必要があります。

食事宅配サービス紹介

調理済みの食事を宅配してくれるサービスのピックアップです。

現在多くのサービスがありますが、その中で3つのおススメ宅配サービスを市場調査を元に紹介します。

栄養管理が行き届いている「nosh-ナッシュ-」

入会金0円
送料地域によって異なる
食事基本料1食554円~(プランにより異なる
アレルギー対応完全対応はしていないが、食材フィルター有
プラン6食・8食・10食・20食のプラン
支払い方法クレジットカード・後払い決済(コンビニや金融機関など)
ポイント
  • 糖質30g ・塩分2.5g以下の栄養価基準で、全メニューを自社の工場で仕上げる。
  • 低糖質、低塩分の食事を一流シェフが調理。和洋中それぞれの専門シェフが作る。
  • 60品の食事・デザートから選べる。継続的に新メニューがでます。

ヘルシーさ且つ美味しいがポイントの「nosh-ナッシュ-」。

和洋中のそれぞれのシェフが在籍しており、「和食なら和食のプロが」、「洋食なら洋食のプロが」といったように専門家に作ってもらえる点で美味しさには信憑性があります。

メニューも豊富で継続的に更新されるメニューで定期購入しても飽きずに続けられそうです。

幅広い食事プランの選択肢「食宅便」

入会金0円
送料1梱包につき配送料390円1梱包には商品を2セットまで(定期購入)
食事基本料1食560円(通常)
アレルギー対応完全対応はしていない。特定原材料7品目の栄養成分表示有。
プラン「まんぷく亭」、「やわらかい食事」、「塩分ケア」などの多彩なプラン
支払い方法クレジットカード払い、または代金引換。口座振替(らくらく定期便のみ)。
ポイント
  • 9000人以上の管理栄養士監修の食事。
  • 「まんぷく亭」、「やわらかい食事」、「塩分ケア」、「おこのみセレクト」といった多彩なプランの中からお好みで選べる。
  • 定期便では、送料が半額。又、旅行等に対応した「スキップ機能」有。

食宅便」のポイントは、多彩なプラン内容です。

「お腹いっぱい食べたい人」、「塩分を調整したい人」、「自分好みで決めたい人」、「固い物は避けたい人」など様々なニーズに答えたプランの多さが最大のポイントです。

旅行時に一旦停止したい人に「スキップ機能」は、とてもありがたいサービスです。

リーズナブルに美味しく「食のそよ風」

入会金0円
送料一律980円。定期購入の場合無料
食事基本料1食あたり約430円~700円。
アレルギー対応完全対応はしていない。パッケージに記載あり。
プラン「国産プレミアム」、「プチデリカ」、「そよ風のやさしい食感」
支払い方法クレジットカード払い、または代金引換。
ポイント
  • 管理栄養士が栄養バランスに配慮したメニューを監修
  • 香り・風味・食感を保つための独自の温度管理
  • リーズナブル。(お試しなら5食1セットで2133円)

1食あたり約400円台~(お試しなら5食1セットで2133円)とリーズナブルなのがポイントの「食のそよ風」。

プランは3種類と少ないですが、安さと栄養士監修のメニューで健康的なのがうれしいポイントです。

定期購入の場合は、送料が無料になる点もうれしいですね。

まとめ

調理済みで食事を届けてくれる「食事宅配サービス」を紹介してきましたが、

食事を作らなくなるとその分、生活に個人の生産性を上げる余力が生まれると思います。

自身の自炊と比べてみて食費が増えるか?減るのか?また健康面ではどうなったのか、そして自炊しない分何ができるのかなど、トータル的な評価が大切になります。

個人差は沢山あると思います。
自分に合った手段だと思えば是非参考にしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました